初めての写経

先日お墓参りの後 時間があり写経をしました。
天王寺にある一心寺さんは近いこともあるし、お彼岸など関係なく
気が向くとお参りします。
一心寺さんには、「お写経なさいませ。」という大きなポスターが貼ってあり
以前から やってみたいなぁ・・・と思いつつ何年も経っていました。

お写経専用のお堂が別棟にあり、随時受け付けてはります。
誰も居ない受付でキョロキョロしていると、年配の女性が出てきはりました。

私 : あのぉ....  今から写経って できますか?(できるのわかってたけど一応。。。)

女性: はい。ご回向料1000円です。

私 : 筆とか要るんですよねぇ。

女性: いいえ、それはこちらのものを使ってもらいます。
    どうぞ 2階へ上がってください。

上がったところは 静かで ホットカーペットが敷かれ、大きなテーブルの上に
お茶が飲めるようにポットが用意されてました。
大きな窓にかかった薄いすだれから覗く緑がとってもきれいに見えました。
音楽もなくシ〜ンとした感じがとっても新鮮でした。
上着を脱ぐと、お数珠と衿にかける・・・う〜んなんていうんやろ
「一心寺」と文字のはいったそれが渡されました。
私はササッと、お数珠を腕にはめ、それは首からかけました。
 
正面に仏様の掛け軸が掛けられ その前に焼香台があり
女性がお線香を1本立て、
私は「手を合わせてください。」と促されました。

ここで するのか…と座ろうとすると
女性は「ここではしません。ご案内します。」・・・と
石の扉を開けました。
扉の前(足元)には幅30センチほどの石があり
「右足からまたいでお入りください。」と言われました。
またぐ足もどっちからか決まってるんやぁ・・・と言われるようにして入りました。

正面には蓮の花に金の如来像が鎮座されていました。
会場はこんな感じ→写真
             ↑
            ココで一人墨をすり 写経スタート!



裏表に見本があり、どちらにしようか迷い
私は「祈りの心」にしました。
この上に薄い紙を乗せて、なぞるように書いていきました。

書き初めて ハッとしました。
初めの文が
「私が幸せでありますように」・・・なのだ。
その次の行に
「私の親しい人が幸せでありますように」なのだ。
その次が
「生きとし生けるものが・・・・・・」なのだ。

まずは自分が幸せでありますように・・・なんや。。。
なんか こういうのって
「世界が平和でありますように」的な出だしのような、、、
勝手にそんな気がしてた。。ような

でも、やっぱり
まずは 自分が幸せでないと 
正直・・・うん。
そらそうやわなぁ。

写経・・・などすると
気持ちが落ち着き 浄化された気分になるのかと思いきや
書いてるうちに 肩を上げたり下げたり
首を回したり
お昼ごはんを済まさずに臨んだため お腹がグゥグゥなったり。。。
終わった後は パスタにしよう・・・などと考えてました。

それでも シ〜ンと静まり返り
聞こえるのは鳥の声だけ・・・・という環境は気持ちよかったです。

それにしても何も考えず無心になるというのは難しい。

「何も考えないことをする」ということができるようになるには
まだまだかかりそうだわぁ。




関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

★ 姉妹サイト ★

■お仕事のサイト
  カウンセリングルームReborn
■人生の後半の充実の為のブログ
  カウンセラーが綴る中年という季節
■月1更新のお便りブログ
  Rebornだより♪ ★9/29更新('-^*)/

■お知らせ

パステルアートワークショップ

日 時 : 2010年9月18日(土)
      午後1:00〜3:00
場 所 : カウンセリングルームReborn
    (地)御堂筋線北花田駅徒歩2分
参加費 : 3,500円(材料費込み)

■私の本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM