誰かのために…

夕方のニュースで国に認定されていない難病「希少疾患」患者の支援をする
“希少難病患者支援事務局 SORD”が特集されていた。
国から難病指定されると その病気の研究は進み、診療にかかった費用も免除される。
難病指定されないと厚労省の難治性疾患克服研究事業対象外となる。

その難病にかかっている本人とご両親が映されていた。
治る手立てが見つからないし
研究対象外にされ 放っておかれている。
毎日の生活だけでヘトヘトの現状に
なす術も無いという感が伝わってきました。

知人が患っている希少疾患に触れ
立ち上がったSORD代表の小泉氏は、奥さんのお給料で家計をまかない
自身の収入はすべてこの活動に注いでいるとのこと。

人って そんなことができるんだぁ…と感動する反面、
人は自分の為だけに何かをするということよりも
誰かのためにエネルギーを使うことで
折れずに
竹のしなりを思わせる頑張りが持続するのかもしれないと感じます。

目的が“自分の為”だけであると
広がらないことも
誰かが喜んでくれるため・・・と思えることで
大きく展望が開けるのだと。。。

何かに迷った時
この思考が浮かぶと
少し方向性が見えてくるかもしれない。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

★ 姉妹サイト ★

■お仕事のサイト
  カウンセリングルームReborn
■人生の後半の充実の為のブログ
  カウンセラーが綴る中年という季節
■月1更新のお便りブログ
  Rebornだより♪ ★9/29更新('-^*)/

■お知らせ

パステルアートワークショップ

日 時 : 2010年9月18日(土)
      午後1:00〜3:00
場 所 : カウンセリングルームReborn
    (地)御堂筋線北花田駅徒歩2分
参加費 : 3,500円(材料費込み)

■私の本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM