断り方

中学3年の娘は、“関ジャニ∞”のファン。
おこずかいの制限もあり なかなかコンサートなんかにもいけません。
そこで グッズだけでも買いに…と出かけたりしています。

そんな彼女も受験生の為、塾のゼミの日と重なり今回は買いにいけない様子。
口出しせずに見ていました。

そうすると 娘が
「お母さん、コンサート行く子に頼んでみようと思うんやけど。。。」とのこと。

でも、頼む相手が ブログで仲良くなった子らしく面識はないのです。
…ということは、お金を立て替えてもらわないといけないということ。

そこで私は、
「3000円ものお金、会ったこともない人に立て替えてもらうのは
なんぼなんでもアカンと思うよ。頼むとしても 先にお金を渡しておかないと」…と忠告しました。

うん、分かった、、、、と言っていた娘ですが、
実のところ、私に相談する前にお願いメールを出していたのです。

そして相手からの返信に感心して 事実を私に打ち明けてくれました。

返事のメールには
「代わりに買っといてあげたい気持は山々だけど
   今回のことは引き受けられないわ。ホンマ ごめんね。」とのことだったのです。

1つ年上の高校1年の女子からだったのだけれど
娘は
「こんなふうな断り方があるんやぁ。すっごく感動したわ。
こんなふうに言われたら こっちの気持ちも悪くならへんし、相手の気持もよくわかる。
私も断るとき こんな言い方しよう!!」とのことでした。

娘は「 引き受けられない 」という表現にびっくりしたということでした。
娘には とても大人な表現に思えたようなのです。

「引き受けられない」という表現だけを聞くと きつい表現に思えたりもするのですが、
前後の文章から 相手の「ごめんね、申し訳ない。」…という思いが伝わって
きたようなのです。

私は、
あぁ こうして 学んでいってくれるんやなぁ…と嬉しくなった一件でした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

★ 姉妹サイト ★

■お仕事のサイト
  カウンセリングルームReborn
■人生の後半の充実の為のブログ
  カウンセラーが綴る中年という季節
■月1更新のお便りブログ
  Rebornだより♪ ★9/29更新('-^*)/

■お知らせ

パステルアートワークショップ

日 時 : 2010年9月18日(土)
      午後1:00〜3:00
場 所 : カウンセリングルームReborn
    (地)御堂筋線北花田駅徒歩2分
参加費 : 3,500円(材料費込み)

■私の本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM