ペットの暑さ対策(2)

愛犬の暑さについて かなり気になっているのか
夢に出てきました。
ドライアイスが敷き詰められたダンボール箱の中に
愛犬が気持ち良さそうに寝そべっているところ。。。。

目が覚めて
こりゃ〜かなり 気になっているんだぁ・・・と我ながら感じて

とりあえず 暑そうな毛を刈ってやろうと、、、、
やってしまいました。

         Before            
 
        After


完全に虎刈りです。
肌がもろに出てしまってる。。。。
整えようとすればするほどへんちくりんに。。。。

これなら やはり ペットサロンに連れて行くんだったぁ
後悔先に立たず。。。

ワンコはもちろん文句いわれないけど
娘の逆鱗に触れた。。。。。

プロの仕上がりは こんなのに、、、、なるんですが。。。。
             ↓ ↓


ひどいことをした後に
先日のブログを見た 愛ネコを飼ってる友人からメールが届いてました。
友人は外出時 エアコンつけっぱなしとうことと
ペット用の「ひんやりクールハウス」があるということ。

ぎゃ〜〜〜〜
あと 半日早く その情報 欲しかったよ。

でも早速 注文しました。

ペットの暑さ対策でお困りの方
ひんやりクールハウスのサイト一度覗いてみてください。

ペットの暑さ対策

先日実家へ行くと誰も居ないのに部屋が涼しいのです。
エアコンが付いていたのです。
夜になってから、母に電話をかけ
「お母さん、エアコンつけっぱなしになってたよ。」というと
母は「ユキちゃん(愛犬♀のポメラニアン)がおったやろ。」…というのです。

えぇ〜!
と驚いた私。
ユキちゃんの為にエアコンつけて外出したというのだ。

子どもと同じなのだから 
そうしてあげたくなる気持ちもわかる。

それにしても うちのルル(チワワ)はほったらかし。。。

そこで、今日はタオルに保冷剤を入れて首に巻きつけてやりました。
でも、私が出勤する頃には保冷剤は溶けてしまっていました。
これでは仕方ない。。。と

生協の冷凍配送のドライアイスを首に巻いてやりました。

 

これでいいか…と出勤

しか〜し!
部活から戻ってきた娘がこれを発見して 激怒!
「ヤケドしたらど〜すんのよ
「考えなしにもほどがある
…とこっぴどく叱られた私。

「お母さんもドライアイス首に巻いてたんやけど
            全然大丈夫やったよ。。。。」…と言い訳。

ペット用の床敷のクールシートなども買っているのですが
気に入らないようで 床にそのまま寝ています。



近々
丸坊主にしようと考えてます。
普通 こういうのサマーカット…って言うんですけど
そんなオシャレではなく
今回は私がバリカンで刈ってやろうと思ってます。。。

人の印象

「あらぁ〜 
みなさん パンクチュアルな始まりですねぇ。」

これは、6月のあるセミナーでの講師の第一声。

今朝、起き立てに冷たい緑茶を口に含んだ時
この言葉を思い出した。

以前から 受けたかった教授のセミナー。
鈴を転がすような声とは 正にこの方のこと…と思わせるような
涼しげな声。

私はまず
声の印象に感激し
その次は
「パンクチュアル」ってどういう意味??と
文脈を辿り
10分前に着席している受講者の様子をご覧になって
おっしゃられた一言に 
意味(時間に正確)をみつけ 受講態勢に入りました。

講義の内容はスグに思い出せないけれど
その先生の醸しだす雰囲気はハッキリ心に残っています。

その人の言うことより
その人の様がその人を語る・・・というのは
メラービアンの法則でよく知られることだけれど
   ↓
-----------------------------------------
★人の第一印象のポイント
 視覚情報:55%…服装・表情・しぐさなど
 聴覚情報:38%…声のトーン・大きさ・抑揚・口調
 言語情報:7%……話の内容
-----------------------------------------

1ヶ月以上経った今日、
心に浮かんだことで
実感を新たにしました。

私も できるなら
ステキな印象を残せるような人になりたいなぁ。。。。

うぅ〜〜
まだまだかぁ

「命を頂く」…意味

参加したセミナーで小6女子の作文が紹介されました。
ご飯を食べる時の「頂きます」を言う意味です。
よく「命を頂く」と表現され、今までそれで納得していたのですが、
この作文を読んで
今までの含みよりももっと感じるものがありました。

-------------------------------------------------------------------------------
「いただきます」
                          六年 青木 裕香子 さん

ごはんを食べるとき   
手を合わせて
「いただきます」っていわなければなりません。
無着先生が そう教えました。 
それはどうしてでしょう。

無着先生は
 「生きものは食わなければ死ぬ!  
 これは法則です。
 この法則に例外はありません。 
 人間は 
 ごはんとか パンとか 牛肉とか お魚とか 野菜とか・・・
 そうゆうものを食べています。   
 よーく考えてみてください
 ごはんはお米のいのちです、
 パンは麦のいのちです
 牛肉は牛のいのちです。
 お魚も野菜も みんな みんな生きていたのです
 そうゆう生きものの いのちを食べて
 人間は生きているのです。
 だから 生きてるっていうことは 
 殺してるっていうことなのです。
 だから 手を合わせるのです。
 だから 必要以上食べてはいけないのです。
 必要以上 食べれば  
 必要以上 殺すことになります。
 人間は
 お米や 麦や 野菜や 牛や お魚のいのちで生かしてもらっているのです」

こんなふうに教えてくれました。 

私はほんとうだと思いました。
気もち悪い!っていった人もいった人もいたけど
私にはよーくわかりました。
ごはんを食べるとき 
手を合わせて「いただきます」っていうのは
あなたのいのちをいただいて 
生かしてもらっていますっていうことなんです。

誰かのために…

夕方のニュースで国に認定されていない難病「希少疾患」患者の支援をする
“希少難病患者支援事務局 SORD”が特集されていた。
国から難病指定されると その病気の研究は進み、診療にかかった費用も免除される。
難病指定されないと厚労省の難治性疾患克服研究事業対象外となる。

その難病にかかっている本人とご両親が映されていた。
治る手立てが見つからないし
研究対象外にされ 放っておかれている。
毎日の生活だけでヘトヘトの現状に
なす術も無いという感が伝わってきました。

知人が患っている希少疾患に触れ
立ち上がったSORD代表の小泉氏は、奥さんのお給料で家計をまかない
自身の収入はすべてこの活動に注いでいるとのこと。

人って そんなことができるんだぁ…と感動する反面、
人は自分の為だけに何かをするということよりも
誰かのためにエネルギーを使うことで
折れずに
竹のしなりを思わせる頑張りが持続するのかもしれないと感じます。

目的が“自分の為”だけであると
広がらないことも
誰かが喜んでくれるため・・・と思えることで
大きく展望が開けるのだと。。。

何かに迷った時
この思考が浮かぶと
少し方向性が見えてくるかもしれない。

ちょっとだけ手をかける

私は暑いのが苦手です。
グダ〜ッとなりがちです。
律する気持ちがいつも以上にほどけてしまう感じ(汗)

そんな感じの夏の始まりは
私流にいきなり・・・サマータイム導入です。
昨日から4時半に起床。

いろんなことが早く片付きます。
何しろ気分がいいんです。

朝の静かなひと時に
ベランダに立って おいしいコーヒー・・・ではなく
冷たい緑茶をひと飲みする私。

暑い夏にもちょっと涼やかな空気を感じます。

それからキッチンに入り
最近作り始めたピクルスをポリポリかじります。

ピクルスは、お酢に漬けて
食べるのに一晩は待たないといけません。



何でもスグにできる時代に、
ちょこっと待って味わう・・・ということに
少し楽しみを感じています。

ぬか漬けなんかも同じですね。

ちょっと時間をおいて・・・という感覚が
急かず 余裕を醸しだす感じ。

自分の為に
それをする・・・というのがまたまた優雅に感じます。

ピクルスくらいで 言いすぎ・・・かも。。。
----------------------------------------------

★ピクルスのレシピ

水 : カップ1
酢 : カップ1
砂糖: 60グラム
塩 : 小さじ2
昆布: 適量


うちわ使ってくださいね。

エアコンをつけると 肌寒い
でも つけないとムシムシして 気持ち悪い
・・・そんなこの頃ですね。

ルームには、まあまあの割合で遠くからも
自転車でお越しになる方がいらっしゃいます。

冬の寒い日は 「寒いやろうなぁ。」と気の毒になるのですが、
夏の暑さもまた気の毒になります。

自転車は走っている時よりも
止まって一息ついたぐらいから 
汗がドッとでます。

そこで 先日から うちわを置いてます。



火照りが治まるのに まあまあの時間がかかるでしょう。

自転車でなくても、ちょっと歩けば
ダラダラ汗の出る・・・そんな季節になってまいりました。
お越しくださる皆様
私に気にせず バタバタ仰いでくださいね♪


習慣を定着させたい。。。。

継続するための意志が強い人って・・・どんなふうにモチベーションを保っているんだろう?
なんて思ったりします。

続けよう♪
続けたい!と思っても、
3日坊主という言葉があるように
人はついつい楽な方に流されてしまいがちです。
いや、、、私は・・・です(汗)

「まあ いいか。」と思ったら最後
ダダダ〜ッと決心は崩れる。

これからの暑さは特に自分を律する気持を萎えさせる時期かもしれませn。
そうして、思い通りにできない自分に腹が立ち
イライラして 余計に暑さが身にしみる。。。トホホ

もう既に知っている人も多いと思いますが、
人の習慣は、21日続けることで定着しやすいという法則

脳科学的にも立証されているとか・・・。

私たちは、刺激(続けたい事柄)が与えられると、シナプス(脳の神経細胞)がビヨヨ〜ンと伸びるそうです。
そして、刺激が弱まる(続けない)と、シナプスは消滅するというのです。
そのシナプスとやらを完成させるのに3週間(21日間)程が必要なそうです。

約3週間・・・と目処がつけられるようです。

なんとなくうなづけるなぁ。

私は、練る前のストレッチを続けたいと思っていましたが、
すぐに忘れてしまって 習慣化していませんでした。
でも 今 3ヶ月少し続いています。
今はやらないと寝られない感じです。

なぜでしょう・・・?

意志の力ではありません。
ちょっとした…ほんのちょっとした工夫です。

ストレッチ用のカレンダーを作ったのです。

カレンダーには チョットうるさい私です。

曜日は英字ではなく漢字(月火水…)でないとダメ。
週の始まりは月曜日でないとダメ。
祝祭日名も欲しい。
などなど。。。

そこで見つけたのが、上記のこと以外にサイズ(A4/B5/卓上)なども
カスタマイズできるカレンダーを無料でダウンロードさせてくれるサイト
                           ↓
こんなシンプルなカレンダーです。     ↓↓
                           ↓

                      ↑
これにつけることを楽しみにして「今日もできたぞぅ!!」と書き込む。
こんな簡単なことで続けられてしまってます。

本当にちょっとしたこと。
紙切れ1枚なのです。
これをすると しないのとでは かなりの違いです。

これは、いろんなことに応用できるんじゃないかなぁ?と思ってます。

1年の半分が過ぎ、今日から2010年下半期。
始めるにはキリが良い時期かもしれません。(^-^)




夏・・・

   

梅雨真っ盛りに見るアジサイ、
湿度高すぎの日々を、少し爽やかな気分にしてくれます。

  

おぉ〜
朝顔だぁ。
住宅の壁を覆う ブルーの朝顔。
これまた 暑い夏の到来を教えてくれる。

どんなステキな造花にも負けない生花。

可憐な中に深く根を張った様子が力強さを与えてくれる。

こんな花たちを見て

  「私も頑張ろう〜」って、思えたりもする。


遺す

友人で行政書士をしている鱸弥生さんから事務所発行の通信が送られてきました。

表紙のページに最近マスコミでも取り上げられた「遺言ツアー」について書かれていました。
行政書士とツアー会社がコラボして行われるもの。
財産の整理、心の整理など遺言を書くにあたってのもろもろをお世話し
2泊3日の温泉旅行最終日に遺言書を仕上げるという内容。

ただ、参加費が下記が含まれ315,000円・・・
そんなにもかかるのかぁ・・・と少し驚いた次第 
------------------------------------------------------------------------------
・遺言ツアー事前セミナー4回受講料
・個別面談費用
・2泊3日の宿泊費及び食費(朝食2回・昼食2回・夕食2回)
・各専門家への個別指導費用
・遺言作成、思いの整理法等の各セミナー受講費用
・テキスト費用
・「遺言ツアーキット」(遺言書作成に必要な用紙、筆記具、テキスト、資料一式)
が含まれます。
------------------------------------------------------------------------------

心の整理には心理カウンセラーも組み込まれているとのこと。

「もし自分が死んだら・・・」と仮定すると、
遺された人のこと、
そして、
自分がどんな人生を送ってきたか?
・・・など振り返るために心の整理をお手伝いするという意味で
カウンセラーの起用があるんだぁ・・・

ほほぅ〜〜と納得。

そんなふうに納得しながら思い出しました。

上記とはちょっと赴きは違うのですが

メキシコでの祝祭行事に「死者の日」があります。



 ←メキシコ雑貨WEBショップLABRAVAさんより



------------------------------------------------------------------------
親しい人の名前を額に貼り付けた「しゃれこうべの砂糖菓子」を贈りあう日。
「あなたも私も遅かれ早かれ、このような“しゃれこうべ”になるのだという
事実を忘れないために。
死んでしまったと仮定した手紙「しゃれこうべの詩」を送り合うという。
もし、あたなと今日限りで二度と会えなくなったとしたら
私はどう感じるだろう。
もし、私がいま死んだとしたら、私につながる人たちは、私のことを
どう思い出に残すだろう。

持続可能な教育社会をつくる―環境・開発・スピリチュアリティ より抜粋
------------------------------------------------------------------------

う〜〜ん
どっちもリアルなんだけど・・・。
しゃれこうべを通して 人とのつながり方の質を問うメキシコの習慣が
なんとも心に響きます。






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

★ 姉妹サイト ★

■お仕事のサイト
  カウンセリングルームReborn
■人生の後半の充実の為のブログ
  カウンセラーが綴る中年という季節
■月1更新のお便りブログ
  Rebornだより♪ ★9/29更新('-^*)/

■お知らせ

パステルアートワークショップ

日 時 : 2010年9月18日(土)
      午後1:00〜3:00
場 所 : カウンセリングルームReborn
    (地)御堂筋線北花田駅徒歩2分
参加費 : 3,500円(材料費込み)

■私の本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM